人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪 同人 無料画像

サークル、ぷぅのぷぅぷぅぷぅのエロ同人「人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪」の無料画像です!

人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪 あらすじ

妖怪や、様々な種族が共存し始めるようになってから数百年。

俺の親父は、「妖怪専用」のアパートを運営していた。

ところが、そんな親父が急逝したため、そのアパートは俺が引き継ぐことになった。

俺は、親父の代わりに住み込みの管理人となり、住人たちの面倒を見るという生活をしていた。

そんな時、俺は雪女の雪乃さんと出会うのだった。

人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪

人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪 内容

雪のように好きとおた白い肌、そして空色の瞳。

俺は、そんな雪乃さんに会った瞬間に惹かれていた。

旦那さんもいたらしいが、悔やまれながらも、今は死別しているらしい。

「雪女と関わると不幸になる」という言い伝えの通りになったことを、雪乃さんは気にしているようだった。

そんな身の上話を聞いてから数日後。

雪乃さんが家賃を滞納されているため、俺は重い足を引きずりながらも、話を切り出した。

ところが、俺はその会話の中で地雷を踏んだらしく、雪乃さんの機嫌を大きく損ねる事となってしまった。

本当は力になりたかったのにと、俺は後悔した。

そう思いながら、俺は親父の遺品を整理していた時、古ぼけた木箱を見つた。

箱を開けると、指輪が入っていた。

また、箱の裏に書いてあったメッセージを読むと、この指輪を使うと、妖怪を自由に操る事が出来るというのだ。

俺は、半信半疑ながらも、その指輪をもって、雪乃さんのところへ出向くのだが・・・!?

人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪1
人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪2
人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪3
人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪4
本編はコチラ⇒人付き合いが苦手な未亡人の雪女さんと呪いの指輪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です