巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて… 同人 あらすじと無料画像

サークル、dilettaのエロ同人「巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて…」の無料画像です!

巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて あらすじ

俺は今悪事の真っ最中だった。

深夜の神社の境内にコッソリと忍び込み、辺りを確認する。

ここでやる事はもちろん「賽銭泥棒」だ。

今日は大人がいない事を知っているので、実行するのにはうってつけだ。

しかし、俺はその時、少し昔に出会った1人の少女の事を思い出していた。

それは、以前、この神社の下見をするときに、昼間に出会った巫女だった。

愛想がよく、兄妹で神職についているようだった。

会話を聞く限り、両親はおらず、兄妹で力を合わせて神社を切り盛りしているらしい。

近所の老人たちも気にかけているようだった。

俺は、そんな純朴で屈託のない少女たちを思い出すと、自分の人生に後悔の念を抱いた。

現に、こうしてよそ様からの金品を奪わなければいけない程、自堕落な生活を続けているのだから・・・。

だからこそ、もし、「ああいう少女が俺の側にいてくれたら…」と、悔やんでも悔やみきれないのだ。

しかし、そんな風に悩んでいても仕方がない。

俺は気を取り直して盗みを働こうとした。

が、その時、背後から怯えながらも咎めようとする少女の声が聞こえてきて・・・!?

巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて 内容紹介

犯行現場に居合わせたのは、お互いにとって運の付きだったのだろうか。

そこにいたのは、まさに先ほど思い出していた巫女の少女だったのだ。

しかも、バッチリと俺の一部始終を目撃されていた。

これでは何も言い訳もできないし、かといって警察に通報されたくない。

そこで俺がとっさに取った行動は、彼女からスマホを奪うために押し倒す事だった。

大きい声を出されたら困るので、俺は彼女の口を手で塞ぎ、バタバタと必死に抵抗する体を押さえつけた。

しかし、これほどまでに俺の事を拒否する彼女を見て、俺は怒りにも似た感情を覚えた。

なぜ俺ばかりが嫌な目に合わなければならない?

俺が一体何をした?

その怒りのままに、俺は彼女にあらゆる手で感情をぶつけてやろうかと、そんな考えがよぎった。

密着しているし、近くで見れば彼女はとてつもなく美少女だったからだ。

しかし、俺は何とか理性を保ち、冷静になりながら、彼女に説得を試みるのだった。

俺は見逃してもらおうと、誠心誠意を込めて謝った。

けれど、それはただの良いわけだと論破され、彼女は大声を張り上げるばかりだった。

俺はそれを何とか防ぐために、思い聞いて口で塞ぐことにして・・・。

巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて
巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて1
巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて2
巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて3
巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて4
巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて5

巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて 感想

自分勝手で傍若無人すぎるドクズ主人公!

失うものがないだけあって、人生を犠牲にして巫女少女を犯しまくります!!

こうして少女はあまりの出来事に心神喪失・・・とはなりませんッ!!

巫女は脅されながらも、男に従う不利をしながら、自分の快楽と戦い続けます!

絶対に認めない巫女VS絶対に調教させるオジサン、という構図で物語が展開していき、巫女ちゃんは嫌がるけれど本当の気持ちが最後まで分からないというところに惹かれる作品でした!!

続きを読む⇒巫女姦 賽銭泥棒に家を占拠されて…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です