玩具少女 無限絶頂に哭く 同人 あらすじと無料画像

サークル、餅犬製作所のエロ同人「玩具少女 無限絶頂に哭く」の無料画像です!

玩具少女 無限絶頂に哭く あらすじ

とある学校には、一般的な学校とは違い、ある特殊なルールがありました。

それは、「女子生徒は男子生徒のおもちゃになる」というものでした。

具体的には、いつでもどこでも女子生徒はカラダを差し出し、性行為に応じるのです。

なぜこんなルールが許されているのかといえば、男子生徒の家柄が関係していました。

男子生徒たちは、とてつもない権力を持った親たちの子息たちなのです。

その一方で、女子たちはその逆。

全ての女子生徒はワケありであり、一般社会では言えないような事情や闇を抱えた子たちが集まってくるのです。

しかし、この学園で男子たちの言いなりになれば、その事情や闇を全て帳消し位に出来るという制度が設けられているのです!

その結果、女子たちは男子全員に嬉々として従うふりをして、そのプライドもすべてをかなぐり捨てた持たざる者と言うわけなのです。

ただし、主人公のユキノは別の目的があって、あえてこの学校に志願してきたのです。

この学校で耐え続ければ、自分にとって社会的に優位な人生が約束されている。

それを掴むために、ユキノは賢く立ちまわる事で、やり過ごそうとしているのです。

しかし、そんなユキノの読みはものすごく甘く、後悔することになるとはまだ思っていなかったのです・・・!!

玩具少女 無限絶頂に哭く 内容紹介

いくら無法地帯とはいえ、この学校には禁止事項もありました。

それは妊娠させることと、暴力をふるう事です。

それさえなければ、何をされても平気だと、ユキノは高をくくっているのです。

そう考えれば、奉仕することくらいなんともないのです。

しかし、ある権力者グループでは、そんな普通の奉仕はいらないと言います。

そこで開催されたのは「ユキノをひたすらイかせる」というゲームでした。

最初はその程度かと思ってまた高を括るユキノ。

しかし、その先にあるのはとてつもにない絶望だったのです・・・!!!

玩具少女 無限絶頂に哭く
玩具少女 無限絶頂に哭く1
玩具少女 無限絶頂に哭く2
玩具少女 無限絶頂に哭く3
玩具少女 無限絶頂に哭く4
玩具少女 無限絶頂に哭く5
玩具少女 無限絶頂に哭く6
玩具少女 無限絶頂に哭く7

玩具少女 無限絶頂に哭く 感想

可愛い絵柄のため、軽い気持ちで読んでしまった事を、激しく後悔しました。

この作者さんは、ハードな凌辱もののプロという事を思い知らされてしまいました。

以前の作品はわりかしハッピーエンド?っぽかったのですが、今回は権力者のムスッコたちがマジのゲス野郎で憎々しかったです。

1対1ならまだいいけど、多勢無勢で女子をあざ笑って快楽を得るような性癖は、残念ながら僕にはなかったようです。(興奮して最後まで一気読みしましたが、抜けませんでした。)

内容的にはただのセックスでイカせるなんてナンセンスと言わんばかりに、あらゆる手段を使って、これでもかと言うほど雪乃ちゃんを追い詰めていきます。

挿入と言う安直な手段を使わずして、これほどまでに絶頂の苦しさを描けるのは流石・・・!!

あれ?絶頂って本当は気持ちいはずじゃないの?快楽堕ちじゃないの?という同人における固定観念を覆す作品となっています!!(本物のレイ〇ものなら、絶頂においては快楽よりも苦しさの方に重きを置くことは当たり前とも言えますけどね。)

同人誌の続けはコチラ⇒玩具少女 無限絶頂に哭く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です